活動計画


 阿武隈川流域林業活性化センターでは、平成22年度を初年度とした10ヵ年の計画である「阿武隈川流域林業活性化実施計画書」を平成21年度に策定しました。

 いれは、流域における森林・林業・木材産業を活性化するための目標や取り組むべき事柄について、策定したものです。

 以下、実施計画書の中から、流域の現況と目標数値について掲載します。


■森林整備の目標

区分
水土保全林
森林と人との共生林
資源の循環利用林
施業方法
 複層林長伐期化  多様な樹種林目  適正な間伐
施業の目的
 下層植生の発達
 浸透保水能力の増大
 多様な野生動植物の
 保全
 木材の安定供給
 適切な造林技術
施業の効果
 健全な水循環
 安全で快適な生活
 県土基盤の確保
 生態系の多様性の
 維持・回復
 生活環境の維持・創出
 森林の健全性の確保
 効率的な森林の整備
 森林資源の造成
森林面積
(ha)
国有林
72,384 
14,161 
5,354 
民有林
92,400 
5,900 
79,900 
164,784 
20,061 
85,254 

※阿武隈川地域森林計画書



■現況と目標値

区     分 現況
(平成20年度)
目標数値
10年後
10年間の
累計値
 伐採面積(ha)  国有林 1,604    
民有林 446    
小計 2,050    
 新植面積(ha) 国有林 149   1,803
民有林 199   3,879
小計 348   5,682
 下刈等保育面積(ha)  国有林 2,229    
民有林      
小計      
うち間伐面積(ha)  国有林      
民有林 2,835    
小計      
 林道・作業道(m) 林道開設 国有林 869,000   72,380
民有林 1,239,286   105,144
小計 2,108,286   177,524
作業道開設 民有林      
林道密度(m/ha) 国有林 9.25 10.01  
     
民有林 6.96 7.55  
     
 高性能林業機械導入台数(台) 23    
 林業従事者数(人頭分:人) 584 730  
 伐採立木材積
     (千m)
主伐 国有林 44   655
民有林 111   2,213
小計 155   2,868
間伐 国有林 25   1,375
民有林     1,356
小計     2,731